お 気 に 入 り

品川区


わ!しながわニュース 2017年2月第1週分

みなさん、こんにちは。 今回は1月14日から1月23日までのニュースをお伝えします。 では、ラインアップをごらんください。 トップニュースでは しながわ環境ミュージカル「NOW BEGINS AGAIN」の話題をお伝えします。 トピックスでは 品川区自殺予防対策連絡会 西五反田第二保育園 一日保育士体験の話題を。 その他、ごらんの出来事をお伝えします。 では最初のニュースです。 しながわ環境ミュージカル「NOW BEGINS AGAIN」が開催されました。 まずはその話題からお伝えします。 1月22日、スクエア荏原で、しながわ環境ミュージカル「NOW BEGINS AGAIN」が上演されました。 このミュージカルは、環境問題を身近に感じてもらうことで、環境に配慮する意識を高めようと、区民・事業者・区が協働して開催。昨年に続き2回目となります。 出演したのは、プロの役者と、平成28年9月に行われたオーディションで選ばれた子どもたち22人。 22人のうち12人は、昨年の初舞台の経験から、再び舞台に立ちたいとオーディションに臨み、新たに選ばれた10人の仲間とともに18回のレッスンを重ねてきました。 脚本・演出は、作詞・作曲も手がける杉本智孝(すぎもと ともたか)さんで、不思議な空間に連れて行かれた子どもたちが神々と精霊たちから「地球はやがて環境破壊によって滅亡する」という予言を聞かされ、環境破壊を食い止めようとするストーリー。ファンタジーな世界観の中にも、環境問題を啓発する内容となっています。 主役・準主役はダブルキャストで昼と夜の2回公演を行い、スクエア荏原の大舞台で、歌い、踊り、最後まで堂々と演じ切りました。 次はトピックスです。 品川区自殺予防対策連絡会の話題からお伝えします。 1月19日、区役所で、品川区自殺予防対策連絡会が行われました。 品川区では平成23年度から、区内の2医師会、4警察署と、区役所の関連部署が構成員となり、品川区自殺予防対策連絡会を開催。 情報交換や連携ネットワークを通じて、自殺予防に関する取り組みを具体的かつ包括的に実施しています。 この日は2部構成で行われ、第1部では区が取り組んでいる自殺予防対策事業と関係機関・部署の取り組みついて報告。 続いて第2部では、自殺予防教育講演会を実施。 自殺総合対策推進センター 地域連携推進室の反町室長が、「児童生徒への自殺予防教育の新たな方向性~SOSの出し方教育~」をテーマに、自殺予防に関する啓発活動についての講話がありました。 品川区自殺予防対策連絡会は、「わ!しながわ つなげよう いのちのわ!」を合言葉に、各機関が連携して自殺予防を推進するために実施しています。 1月20日、西五反田第二保育園で、父親が一日保育士を体験しました。 区では「学んでほしい子どもの接し方、知ってほしい子どものすがた」として、新たな子どもの姿を発見し、親としての役割と責任を実感してもらうことを目的に、「一日保育士体験」事業を平成22年度から全ての保育園で実施しています。 この日、一日保育士を体験したのは、3歳女児を預けている小松さん。注意深く見守りながら園児たちと園庭で遊んだり、絵本を読み聞かせたりと、保育士の仕事の一端を体験。 最後に園長先生から「一日保育士体験証書」をもらい、お別れに、クラス一人ひとりとハグや抱っこなどをしました。 <インタビュー> 「改めて(子どもたちの)性格が違っていて、どう接すれば良いのか分からずにふれあっていましたが、先生方を見ていると個人にあわせて接していると分かりました」 CMのあとも、ニュースを続けてお伝えします。 次は、すまいるスクール伊藤学園 こども劇場など子どもたちの話題を4つ続けてお伝えします。 1月18日、すまいるスクール伊藤学園で、こども劇場が行われました。 このイベントは、すまいるスクールで活動する子どもたちの活動発表会として開催。「挑戦!継続!伝えよう!すまいるの輪!」をスローガンとして、地域の方たちに日頃からの活動内容を周知することが目的です。 会場では、将棋や詩吟のほか、百人一首、英会話などの各教室や、イベント・フリータイムの様子および内容を写真で紹介。 また、ステージでは一輪車やけん玉、フラフープ教室などの子どもたちが、練習を重ねてきた技を披露したほか、習字教室の発表では、その場でスローガンを墨で書き、大きな声で読み上げました。 最後に、参加した子どもたち全員で合唱し、イベントは終了となりました。 1月20日、豊葉の杜学園で、オリンピアンやパラリンピアンと児童が交流する「夢・未来」プロジェクトが行われ、1年生からから6年生までの児童およそ540人が参加しました。 このプロジェクトは、幼児・児童・生徒が、オリンピック・パラリンピックの理念や価値を理解し、進んで平和な社会や共生社会の実現に貢献できるようにすることが目的。 スポーツへの関心を高め、夢に向かって努力したり困難を克服したりする意欲の向上を目指し、東京都教育委員会及び生活文化局が、都内の幼稚園や学校などに講師を派遣しています。 この日は、アテネパラリンピック視覚障害者の部フルマラソンで金メダルを獲得した高橋勇市選手が、同校を訪問しました。 講演の後、5、6年生166人が、走者と伴走者の二人一組になって実際に全盲マラソンに挑戦。 伴走者の肘につかまってゆっくり歩くことからはじまり、徐々に慣れると伴走ロープを持って走ることにも挑戦しました。 1月22日、総合体育館で、区内の児童センターで活動するダンスクラブが一堂に会するイベント、品川区児童センターダンスフェスタ通称「ダンフェス」が行われました。 このイベントは、ダンス発表を通して、各児童センターと参加した子どもたちの交流を深めるとともに、小中学生や高校生が意欲的に児童センター事業へ参加するきっかけづくりとして開催されました。 オープニングアクトは、ダンスワークショップ。 プロのダンサーが基礎となる振り付けなどをレクチャーしました。 この日は、各児童センターから、ダンスクラブ22組が参加。日頃練習しているパフォーマンスを披露しました。 最後は、参加者全員でダンス。総勢1,200人のイベントは、大盛り上がりの内に幕が下ろされました。 1月23日、十四世喜多六平太(きたろっぺいた)記念能楽堂で、区立小学校の児童を対象にした「能体験」が開催され、城南小学校と浅間台小学校の5年生およそ80人が参加しました。 これは、日本の伝統芸能の素晴らしさを子どもたちに知ってもらおうと開催され、同能楽堂で能の体験を行うのは、昨年に続いて2回目です。 この日は、喜多流能楽師の佐々木多門(ささき たもん)さんが案内役を務め、能を「世界で一番古い仮面劇」として、能の歴史など基礎知識について解説。 また、2グループに分かれ、実際に「面(おもて)」や「装束」を身に着けたり、すり足で進む「運び(はこび)」、舞台を踏み鳴らす「足拍子」、「謡(うたい)」に挑戦したりと、能の世界を体感。 最後に、能楽師が「高砂」の仕舞を披露すると、児童たちは真剣に見入り、日本の伝統芸能の魅力を知ることができる授業となりました。 <インタビュー> 「足袋をはいてすり足で歩いたりしてとても良い体験になりました」 「お面を付けたり舞台に上がったりと日本の伝統(芸能)を知ることができて良かったです」 次は、パパズプログラム「縁起のいいオリジナルだるまを作ろう!」の話題など、3つ続けてお伝えします。 1月14日、ゆたか児童センターで、パパズプログラム「縁起のいいオリジナルだるまを作ろう!」が行われました。 品川区では、パパズプログラムとして、普段お仕事などで、子どもと接する時間が短いパパに 体験などを通して子どもとの絆を深めてもらおうと父親の子育て参加促進事業に取り組んでいます。 このイベントもその一環として開催され、9組の親子が参加。はじめに、全日本だるま研究会の中村会長がだるまの歴史などについて説明しました。 続いてのオリジナルだるまづくりでは、高崎だるま中喜屋(なかきや)の峯岸(みねぎし)さんが絵付けを指導。 参加した皆さんは、赤、黒、金の塗料を使い、だるまに口やひげなどを、親子で楽しみながら絵付けしていました。 <インタビュー> 「楽しかったです」 「黒いひげのところが難しかったです」 「ひげをもう少し上手く描ければ良かったです」 1月21日、スクエア荏原で、ユニバーサルスポーツ大会が行われました。 これは、品川区制70周年記念事業として開催。 年齢や性別、障害の有無に関係なく一緒に楽しめる「ユニバーサルスポーツ」のイベントです。 会場では、ダンスエクササイズやバドミントンのほか、カローリングやブラインドサッカーなど、様々なスポーツが実施されました。 また、ペットボトルをラケットに見立て、卓球とバレーボールをあわせたような競技の卓球バレーでは、年齢や性別に関わらずみんなが一緒にプレー。 参加した皆さんは、思い思いに好きなスポーツを楽しんでいました。 1月21日と28日、男女共同参画センターで、女性活躍支援講座「パパもママもワーク・ライフ・バランス」が行われました。 この講座は、社会や家庭などにおける男女共同参画を促し、女性の活躍を支援・推進することを目的として、全2回開催されました。 講師のNPO法人ファザーリング・ジャパン会員で、品川区在住の兼業主夫放送作家の杉山さんは、「共働きで子育てと生活を楽しむ方法」をテーマに具体的なコツなどを披露。 将来も見据えた夫婦・親子のコミュニケーションの取り方や、夫婦で協力してバランスを取る「夫婦ライフバランス」が、ワークライフバランスでは大切であることなどを学びました。 <インタビュー> 「自分を振り返って、これからのことを改めて学べたのでとても有意義でした」 今回のニュースは以上です。 さて次回は、2月11日から「平成29年度品川区当初予算案プレス発表」の話題などをお伝えします。 この後は、特別番組と区からのお知らせをお送りします。 引き続き「しながわホットほっと」をお楽しみください。

月間ランキング

品川区の関連動画

89aa607968c95a94807765b101eb7aee
わ!しながわニュース 2017年11月第1週分
東京都品川区 ニュース暮らし
bd1fafc1305f110aa9a6adc89432cbbf
声の広報 平成29年11月1日号
東京都品川区 ニュース暮らし
4c20ae064141044c51618837c15d7398
三之助 ホッと一息 相談できるブックカフェ
東京都品川区 その他暮らし
77099a1c2eacac7f207f4205fefd2227
しながわのチカラ 艶やかに彩る!華のおいらん道中
東京都品川区 イベント
65e8f7635748d54da8f30508664eed63
【品川区PR動画/30秒CM】Promise ~シナガワにきっと~
東京都品川区 観光
660398af2c5d82d460e98b642da8f87c
【品川区PR動画/15秒CM】Promise ~シナガワにきっと~
東京都品川区 観光
1a2002c40cde271a9df2fc99bfa2335b
わ!しながわニュース 2017年10月第5週分
東京都品川区 ニュース暮らし
24a9b8e59f994639629b00a46d70e8f9
わ!しながわニュース 2017年10月第4週分
東京都品川区 ニュース暮らし
9a506b1ea43d63ef98e5d4db03d421f4
【品川区PR動画/MV ver.】Promise ~シナガワにきっと~
東京都品川区 観光
f2b754bfb0c16246017d60979dbbe5ef
【品川区PR動画】Promise ~シナガワにきっと~
東京都品川区 観光
もっと見る
650754ff4285c3196fb73346dd6fed61
声の広報 平成29年10月21日号
東京都品川区 ニュース暮らし
6ff911c0aa52226d77df5cbc84f96f84
わ!しながわニュース 2017年10月第3週分
東京都品川区 ニュース暮らし
e7bc17780f79c930b571c835bc3eee33
声の広報 平成29年10月11日号
東京都品川区 ニュース暮らし
5df2e921948169fa73cfbdc3c09508d4
わ!しながわニュース 2017年10月第2週分
東京都品川区 ニュース暮らし
d32efc909c6d4f4f4147495aa834a0a0
声の広報 平成29年10月9日選挙特集号
東京都品川区 ニュース暮らし
7623fe1656beb7ebde0e09d61e1e3cbd
三之助 走り続ける!未来へつなぐ ものづくり魂
東京都品川区 その他暮らし
9da4eedb944b17567e3a3ad5fe0911af
声の広報 平成29年10月1日号
東京都品川区 ニュース暮らし
f44a4ab4469d26d5be4d4f18f22694d1
わ!しながわニュース 2017年10月第1週分
東京都品川区 ニュース暮らし
fa49db6ba715e5c3d818d3f29f338499
声の広報 平成29年9月21日教育特集号
東京都品川区 ニュース暮らし
c486db34a1f31216500f3e75093d8ab8
声の広報 平成29年9月21日号
東京都品川区 ニュース暮らし